岳物語

(読書)
がくものがたり

椎名誠の代表作。
1985年5月、集英社より刊行。1989年9月、集英社文庫。1991年、講談社英語文庫(ISBN:4061860771)。1998年8月、集英社より加筆版『定本〜』刊行。
続作として『続 岳物語』(1986年、ISBN:4087495078)がある。

山登りの好きな両親が山岳から岳から名付けた、シーナ家の長男・岳少年。坊主頭でプロレス技もスルドクきまり、ケンカはめっぽう強い。自分の小遣いで道具を揃え、身もココロもすっかり釣りに奪われてる元気な小学生。旅から帰って出会う息子の成長に目をみはり、悲喜こもごもの思いでそれをみつめる「おとう」…。これはショーネンがまだチチを見棄てていない頃の美しい親子の物語。著者初の明るい私小説。

岳物語 岳物語 (集英社文庫) 定本 岳物語 

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ