峠三吉

峠三吉

(読書)
とうげさんきち

1917年(大正6年)2月19日〜1953年(昭和28年)3月10日)
日本の詩人。本名は三吉(みつよし)。大阪生まれの広島育ち。
1945年(昭和20年)8月6日の広島県広島市への原子爆弾の時には投下爆心地より3キロメートルの所で被爆。第二次大戦後は地域文化運動への活動の傍ら詩人としても活動。原爆詩人として「原爆詩集」を自費出版した。また、生前は日本共産党党員であった。

新着ブログ: 峠三吉