嵐山線

嵐山線

(地理)
あらしやません

京福電鉄嵐山本線の通称。ただし「嵐電」と呼ぶ方がより一般的か。
嵐山本線

嵐山線

(地理)
あらしやません

嵐山線阪急電鉄に所属する路線のひとつ。桂駅嵐山駅間 4.1km。
新京阪鉄道が京都西院(現・西院駅)まで開業した8日後の、1928(昭和3)年11月9日に開業した。当初は複線だったが、第二次世界大戦中に鉄材供出のため単線となった。途中の上桂駅松尾駅の両方に行き違い設備がある*1ため、複線に戻す必要もなく現在まで至る。
現在は区間運転が10〜20分間隔で運行されているが、行楽シーズンには大阪梅田・神戸などから直通の臨時列車も設定される。

歴史

1924(大正13)年 京都電燈が、京都府葛野郡松尾村〜乙訓郡向日町を結ぶ「洛西線」の敷設免許を取得。
1927(昭和2)年 京都電燈が敷設免許を、新京阪鉄道に譲渡。
1928(昭和3)年 新京阪鉄道によって、桂駅〜嵐山駅間が開通(当初は複線)。
1930(昭和5)年 会社合併で京阪電気鉄道の所有路線となる。
1930(昭和5)年 単線運転化。
1943(昭和18)年 会社合併で京阪神急行電鉄の所有路線となる。
1944(昭和19)年 「金属類回収令」により、片方の線路を撤去。単線となる。
1948(昭和23)年 松尾神社前駅が松尾駅へ改称。
1950(昭和25)年 上桂・松尾の各駅に離合施設設置。
2013(平成25)年 松尾駅が松尾大社駅に改称。

駅と接続路線

駅番号 駅名 読み
“えき”は略
接続路線
HK-81 桂駅 かつら 阪急京都線
HK-96 上桂駅 かみかつら -
HK-97 松尾大社駅 まつおたいしゃ -
HK-98 嵐山駅 あらしやま -

使用車両

リストリスト::鉄道路線

*1:単線にされた当時はこれもなかったが、後に設置された

新着ブログ: 嵐山線