嵯峨野観光鉄道

(地理)
さがのかんこうてつどう

電車でGO!にも登場した、山陰本線の旧線の一部(おおよそ嵯峨嵐山駅馬堀駅に当たる区間7.3km)を使用して、1991年(平成3年)からトロッコ列車を運行している観光鉄道事業者
嵯峨野トロッコ列車」「ROMANTIC TRAIN 嵯峨野」とも。
山の間を流れる保津川にほぼ沿う形で走っており、秋には紅葉、春には桜も楽しめる。
なお、現在の山陰本線嵯峨野線)の該当区間は、ほとんどトンネルである。
線路は現在もJR西日本の所有で、嵯峨野観光鉄道第二種鉄道事業者である。
また、運行会社の嵯峨野観光鉄道西日本旅客鉄道の関連会社でもある。
英文表記:SAGANO SCENIC RAILWAY / SAGANO ROMANTIC TRAIN

路線
嵯峨野観光線

運賃

均一600円(小人300円)

運行情報

  • 1月〜2月は運休
  • 水曜は定休日(繁忙期間を除く)
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ