川上憲伸

川上憲伸

(スポーツ)
かわかみけんしん

プロ野球・MLB選手(投手)。背番号11。
1975年6月22日生。徳島県徳島市出身。179cm90kg。右投右打。
徳島商業−明治大学−中日ドラゴンズ(1997年ドラフト1位)−アトランタ・ブレーブス(FA権行使による)−中日ドラゴンズ

略歴

高校時代は3年夏に甲子園出場。大学時代は明大のエースとして活躍、高橋由伸と好勝負を繰り広げた。
逆指名で中日ドラゴンズに入団。1年目にいきなり14勝を挙げ新人王に輝いた。
1999年には開幕投手を務めるもチームがリーグ優勝を果たす中、前年のような成績は残せず。日本シリーズではチーム唯一の勝ち星を記録。
2000年、2001年はいまひとつの成績に終わったが、2002年はルーキーイヤー以来の二桁勝利を記録、8月には巨人戦でノーヒットノーランも達成している。
2003年はさらなる飛躍が期待されたが5月に右肩を故障しシーズンの大半を棒に振った。
2004年は17勝をあげ、チームのリーグ優勝に大きく貢献、沢村賞、セリーグ年間MVPを受賞した。
2006年には最多勝・最多奪三振と表彰されないが最優秀勝率の3つのタイトルを獲得し、2年ぶりの優勝にエースとして貢献した。
2009年1月13日、にアトランタ・ブレーブスと3年契約を結ぶ。背番号は中日時代と同じ「11」。
2012年、中日へ復帰。
2013年、中日を退団することを発表。

川上憲神はよく間違う誤字。


リスト::野球選手

ネットの話題: 川上憲伸

人気

新着

新着ブログ: 川上憲伸