川越城

川越城

(一般)
かわごえじょう

埼玉県川越市の城郭。河越城とも。
太田道真、道灌父子によって築城され、以後扇谷上杉氏の居城となる。しかし勢力を拡大する後北条氏がこれを奪取すると、その拠点となり、特にこの城をめぐる攻防から行われたという河越夜戦は有名。
後北条氏が滅亡し、徳川家康が関東入国してからは江戸北方の守りの要として親藩・譜代大名が城主を務めている。
遺構の多くは失われたが、全国でも珍しい本丸御殿(一部)が現存しています。

新着ブログ: 川越城