常盤御前

(一般)
ときわごぜん

源義朝の愛妾。
近衛天皇中宮の九条院呈子の雑仕。仕えるに当たって、千人の美女のうちから選び抜かれたという。
やがて義朝と結ばれ、今若(阿野全成)・乙若(義円)・牛若(源義経)の三子を儲ける。平治の乱後、幼い子供達を連れて京を逃れるが、母が捕らえられたことを聞いて都に戻る。
子供達の命は助けられたが、常磐は平清盛との間に一女を、さらに藤原長成の妻となって一男を儲けるという数奇な人生を送った。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ