平岩親吉

平岩親吉

(社会)
ひらいわちかよし

天文11年(1542年)〜慶長16年12月30日(1612年2月1日)
日本の戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。大名。徳川氏の重臣。
上野厩橋藩(前橋藩)の藩主で後に尾張犬山藩の藩主となった。徳川家康の覇業を支えた功臣の1人であり、徳川十六神将の1人に数えられている。