Hatena Blog Tags

平田オリザ

(アート)
ひらたおりざ
  • 劇作家、演出家。劇団「青年団」主宰。こまばアゴラ劇場支配人。内閣官房参与。
  • 1962年東京都出身。国際基督教大学(ICU)在学中に青年団を旗揚げ。また韓国へも留学。
  • 1993年、日本劇作家協会の設立に参加。理事をつとめる。
  • 1995年「東京ノート」で岸田国士戯曲賞を受賞。
  • 桜美林大学助教授を経て、2007年4月より大阪大学教授。
  • 2009年、鳩山由紀夫内閣において内閣官房参与に任命。菅直人内閣においても継続。

戯曲集

主な著作

  • 演劇入門(ISBN:4061494228
  • 演技と演出(ISBN:4061497235
  • 地図を創る旅〜青年団と私の履歴書〜(ISBN:4560035822
  • 芸術立国論(ISBN:4087201120
  • 「リアル」だけが生き延びる(ISBN:4901391445
  • 新版・十六歳のオリザの未だかつてためしのない勇気が到達した最後の点と、到達しえた極限とを明らかにして、上々の首尾にいたった世界一周自転車旅行の冒険をしるす本(ISBN:4891882573
  • 受験の国のオリザ(ISBN:4891883022
  • 対話のレッスン(ISBN:409387350X
  • 平田オリザの仕事〈1〉現代口語演劇のために(ISBN:489188245X
  • 平田オリザの仕事〈2〉都市に祝祭はいらない(ISBN:4891882727
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

long long 顎。という程前でもない話なのだが、先日の話の続きを勝手にしたいのだが、『先日の話』というのがフカプロの『おねしょのように』を観る寸前に更新をした話の続きなのだが観劇したところ『坊ちゃんお嬢ちゃん』が主人公で、こちらは禁断の果実を食したイブな感じ、いや、アダムな心。でもマダムヤンな気分。で劇場へ行ったので性別を超えた主人公に他人事とは思えず勝手に感情移入してしまったのだが。全く!勝手な話だ!

前回、2021年が明けて初めてお目にかかるのにご挨拶が出来ておらず、遅くなり大変申し訳ございませんでした。あけましておめでとう御座います。昨年も大変お世話になりました。本年もひとつ宜しくお願い致します。ねっ。んねっ。前回、お芝居のお知らせをしようと思っていたにも関わらず話の歯車が狂い出し一体なんの話だ。となって、勝手にブログを切り上げて勝手に、あ〜、あ〜、あ〜。と気にして今まで居た。気にしているのは自分だけで多分、誰も気になどしていないのだろうとも思っている。全てが一人相撲で、勝手な解釈でああでもない。こうでもない。となってなかなか確信に触れる事は無かったのだが、実際の会話はあまり喋る方ではな…