平輪光三

(読書)
ひらわこうぞう

歌人、文学研究家。(1907年1月−1980年4月)
茨城県行方郡麻生町生まれ。1923年県立水戸農学校卒、茨城県庁勤務、農業技術事業。65年退職。はじめ歌誌『常春』(並木秋人主宰)、のち『現実短歌』(田口自汀主宰)に参加、戦後は『茨城歌人』で指導的立場にあった。

著書

  • 『長塚節年譜』現実短歌社 1939
  • 『野口雨情』雄山閣出版 1957
  • 『人間長塚節』角川書店 1966
  • 『下村千秋 生涯と作品』崙書房 1975
  • 『長塚節・生活と作品』崙書房 1975
  • 『山村暮鳥 生涯と作品』崙書房 1976

編纂

  • 『茨城近代文学選集 2(大正の文学)』編 常陽新聞社 1977
  • 『長塚節名作選』全3巻 山口正共編.春陽堂書店 1987
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ