Hatena Blog Tags

平野謙

(スポーツ)
ひらのけん

80〜90年代のプロ野球選手。指導者。
右投両打、ポジションは投手→外野手。背番号は81→57→3*1→24→8番。


1955年6月20日生まれ。愛知県出身。
犬山高校から名古屋商科大学に進学。1977年、愛知大学リーグでMVPとなる。
1978年、ドラフト外で中日ドラゴンズに入団。

1979年、外野手に転向。1981年、一軍に昇格し才能が開花、110試合に出場。

1982年には51犠打を記録、外野手のレギュラーに定着しセ・リーグ優勝に貢献した。

2番打者として定着。強竜打線のメンバーに名を連ねる。

1986年、38盗塁で盗塁王を獲得。

1988年、小野和幸との交換トレードで西武ライオンズに移籍。
移籍後、2番右翼手として中堅手の秋山幸二と共に、外野手の定位置を確立。

森祇晶に重用され、スイッチヒッターとしてライオンズの黄金時代を支えた。

1994年、千葉ロッテマリーンズに移籍。

1995年、コーチ兼任となる。

1996年、現役引退。通算480犠打は当時の日本記録。*2

1997年、千葉ロッテマリーンズの一軍守備・走塁コーチに就任。

1999年、二軍監督に就任。

2002年、ヘッドコーチに就任。同年退団。

2004年、住友金属鹿島のコーチに就任。
また野球解説者、マスターズリーグ・名古屋エイティディザーズの選手として活躍。

2006年、北海道日本ハムファイターズの一軍守備走塁コーチに就任。
田中賢介を不動のリードオフマンに育て上げる。

2008年、打撃コーチに就任。同年退団。

2011年、韓国・起亜タイガースのコーチに就任。同年退団。

2012年、一軍守備・走塁コーチとして25年ぶりにドラゴンズへ復帰。


姉はエッセイストの内藤洋子、夫人は欽ちゃんファミリーとして欽ドン!などに出演した元タレント、秋本理央橋本清美)。
「わが故郷は平野金物店」の主人公として有名。

*1:トレードで西武移籍後は、当時ルーキーだった立浪和義が中日ドラゴンズの背番号3を引き継ぎ、引退まで着用した。

*2:その後川相昌弘に533犠打で抜かれるが、現在も川相に続く歴代2位の記録である。

平野謙

(読書)
ひらのけん

(1907-1978) 文芸評論家。京都生まれ。本名、朗(あきら)。

東大卒。戦後文学界の中心的評論家。政治と文学、私小説論などで、芸術と実生活の関係を追究。著書に「島崎藤村」「芸術と実生活」「昭和文学史」など。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

■『江藤淳とその時代』~『夏目漱石』論から『小林秀雄』論へ(3)。 わずか22,3歳の大学生だった江藤淳が「三田文学」に発表したデビュー作『夏目漱石』論は、文芸評論、作家論、作品論としては、異例の衝撃をもって文壇に登場した。文芸評論が、大きな話題になることは珍しい。ましてや『夏目漱石』論である。ありふれたテーマであって、余程のことがない限り、世間の耳目を集めることは難しい。何故、江藤淳の『夏目漱石』論は、文壇の話題になったのか。話題になっただけではなく、そのまま、新人批評家=江藤淳は、時代の風雲児となり

■『江藤淳とその時代』~『夏目漱石』論から『小林秀雄』論へ(3)。わずか22,3歳の大学生だった江藤淳が「三田文学」に発表したデビュー作『夏目漱石』論は、文芸評論、作家論、作品論としては、異例の衝撃をもって文壇に登場した。文芸評論が、大きな話題になることは珍しい。ましてや『夏目漱石』論である。ありふれたテーマであって、余程のことがない限り、世間の耳目を集めることは難しい。何故、江藤淳の『夏目漱石』論は、文壇の話題になったのか。話題になっただけではなく、そのまま、新人批評家=江藤淳は、時代の風雲児となり、一斉を風靡することになる。この問題は、江藤淳を論じる上で、避けて通れない重要問題である。江藤…