広告屋

(一般)
こうこくや

広告ビジネスに関わる人々。広告のプロフェッショナル。

広告代理店に勤める人。広告制作会社に勤める人。フリーの広告制作者。

業界においては一般的に「代理店」といえば、広告代理店をさす。
広告代理店は大手では電通・博報堂などが該当する。

業界および代理店マンや「Dマン」など巷での呼称は、肯定的な文脈としては広告業界のおもしろおかしい遊びっぷりを示したり、高所得層のエリート?として描かれる。反面、否定的な文脈では尋常ではない商慣行・体育会のりが非常識な業界として描かれる。また、所得も多いかわりに残業も多く疲弊している若者がおおい。

このような業界全般の雰囲気やカルチャーとは一線を画す、純粋に職責・職能を示すことばが「広告屋」である。

また、この言葉は、企業の依頼を受けて広告を制作し会社から給料をもらうサラリーマンでありながら、みずからを称して「クリエイター」と呼び、制作物を「作品」と呼ぶ輩をいましめるための言葉でもある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ