庄野英二

(読書)
しょうのえいじ

児童文学者、絵本作家
1915年(大正4年)11月20日、山口県に生まれ、大阪市で育つ。1993年(平成5年)11月26日、死去。
父は教育者で帝塚山学院の創立者。弟は作家の庄野潤三
関西学院大学専門部文学部哲学科卒業。帝塚山学院大学名誉学長・文学部教授。
主な受賞作品として『星の牧場』で日本児童文学者協会賞サンケイ児童出版文化賞野間児童文芸賞中央児童福祉審議会特別推薦、『ロッテルダムの灯』(理論社)で日本エッセイストクラブ賞、『アルファベット群島』(偕成社)で赤い鳥文学賞を受賞。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ