庶子

庶子

(一般)
しょし

近代までは「そし」と読んだ。

  1. 民法の旧規定において使われていた言葉で、現行の民法の認知子にあたる。
  2. 近代までのことについても正妻ではない女性の子をいうことがある。
  3. もともとは家長相続人ではない子の総称。

関連

リスト:二文字キーワード

新着ブログ: 庶子