建山義紀

建山義紀

(スポーツ)
たてやまよしのり

プロ野球選手。ポジションは投手。
1975年12月26日大阪府大東市生まれ。松下電器を経て、ドラフト2位で日本ハムファイターズに入団。

2006年度から武田久らと共に中継ぎとして定着し、日本シリーズ、アジアシリーズではワンポイントとしても出ることもあった。

2007年度からは先発への転向を志願し、勝ち星も挙げることが出来た。かつて、彼もSHINJOからアドバイスを受けたことでスランプを脱したらしい。

ファンフェスタ2007では、自宅に専用ワインセラーを所持するほどのワイン愛好ぶりが明らかとなった。2008年度は大好きなワインを絶って、シーズンに臨むも3位と言う結果に終わり本人も残念がっていたようである。2008年シーズンオフに初めて飲んだのはフランス産とのこと。(ファンフェスタ2008参照)

2010年10月に、FA宣言した上で、メジャーリーグに挑戦する意思を明らかにした。ファンフェスタ2010のフィナーレで彼の退団イベントが行なわれ、選手一同から餞の胴上げを受けた。

2010年12月、単年契約でテキサス・レンジャーズと合意に達した。

2014年6月、阪神タイガースへ移籍し、NPBへ4年ぶりに復帰。

リスト::野球選手

経歴

年度 所属 背番号 備考
1991-1993 東海大仰星高校 - -
- 甲賀総合科学専門学校 - -
- 松下電器 - -
1999-2010 日本ハム・ファイターズ
北海道日本ハムファイターズ
22 ドラフト2位
2011-2012 テキサス・レンジャーズ 22 -
2014- 阪神タイガース 53 日本球界復帰

新着ブログ: 建山義紀