弱冷房車

(一般)
じゃくれいぼうしゃ

冷房を弱くしている鉄道車両のこと。弱冷車。一つの編成のうち1〜2両について、冷房の設定温度を1〜2度ほど上げている。
スーツを着た男性が強い冷房を好む一方、車内の冷房が強すぎるとの意見もあり導入された。
1984年の京阪電鉄を皮切りに各社へ拡大が進んでいる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ