張本勲

張本勲

(スポーツ)
はりもといさお

プロ野球選手・解説者。
通称「安打製造機」「アジアの張本」「張さん*1」。
左投左打、ポジションは外野手。背番号は10番。

1940年6月19日生まれ、広島県広島市南区大洲出身。
在日韓国人二世。本名「張勲」。母の言葉により、現在も韓国籍のままである。


浪華商業高校*2から1959年、東映フライヤーズに入団。
打撃コーチ松木謙治郎の「打率も残せ、本塁打も打て、盗塁もできる完璧な打者」を目指す指導のもと、猛練習を積む。
扇打法を極め、入団1年目から2桁本塁打を放ち新人王を受賞。2年目には打率3割を記録。
3年目の1961年、打率.336での初の受賞を皮切りに、通算7度の首位打者に輝く。*3
土橋正幸尾崎行雄毒島章一らと共にチームを支え、日本一に貢献。

1970年には打率.383、本塁打34本、100打点という充実ぶりを見せた。

1972年、2000本安打達成。 日拓ホームフライヤーズ、日本ハム・ファイターズと球団が変わっても活躍。


1976年、高橋一三富田勝らとの1対3での交換トレードで、読売ジャイアンツに移籍。

1976年、1977年と高打率を残すもタイトルにはあと一歩届かなかった。

1980年、ロッテオリオンズに移籍。同年、プロ野球史上初となる通算3000本安打達成。

1981年、現役引退。TBS野球解説者となる。
実働22年、2752試合、打率.319、3085安打、504本塁打、319盗塁。*4

1982年、韓国プロ野球(KBO)発足に伴い、特別補佐官に就任。日韓プロ野球の掛け橋となる。*5

1990年、野球殿堂入り。

1994年、日本のプロスポーツ選手として初めて、韓国スポーツ文化勲章を授与される。


2005年、プロ野球有識者会議に唯一球界OBより選出される。


現在はTBS野球評論家を務める。
また、マスターズリーグ・東京ドリームスのコーチ兼任選手、モルツ球団のヘッドコーチ兼任選手として活躍中。

TBSサンデーモーニングのスポーツコーナー、「週刊御意見番」で「喝!」を入れる御意見番として、大沢啓二と共に人気があり、親しまれている。


現在、日本のプロ野球関係者の中で、濃人渉と共に被爆者手帳を持つ。
2006年8月15日放送の「徹子の部屋」に出演し、被爆の惨状について、初めて全国中継で語った。

*1:インターネット内では「ハリー」の愛称で親しまれている。

*2:現・大体大浪商高校。

*3:首位打者7度はイチローと並ぶ日本記録。

*4:通算400本塁打以上かつ通算300盗塁以上を記録しているのは張本と秋山幸二の2人。通算500本塁打以上となると、張本ただ一人である。

*5:2004年まで務める。

ネットの話題: 張本勲

人気

新着

新着ブログ: 張本勲