微惑星

(サイエンス)
びわくせい

直径数キロ程度の微小天体。
太陽系の形成初期、原始太陽の周りのガスが凝集してダストとなり、ダストは衝突・合体を繰り返して10万年程度で微惑星となったと考えられている。微惑星の中で特に大きいものが周囲の微惑星を集めて成長し、原始惑星が形成されたとされる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ