心裡留保

心裡留保

(一般)
しんりりゅうほ

売る意思がないのに売ると言ったりするように、自分の内心の意思と異なることを自覚しながらする意思表示。

民法
(心裡留保)
第九十三条  意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。ただし、相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。

新着ブログ: 心裡留保