志村正順

志村正順

(スポーツ)
しむらまさより

元NHKアナウンサー。 別称、「せいじゅん」。

1913年10月2日生まれ。東京都出身。

大正大学予科、明治大学政治経済学部を経て、1936年、日本放送協会に入局。

スポーツ中継、特にプロ野球の実況担当で知られる。
ヘルシンキオリンピックの中継の後、ニューヨークに立ち寄り野球観戦をしたところ、実況中継にジョー・ディマジオが解説を加えていることから、日本でも解説者を置くことを発案。

小西得郎(元松竹ロビンス監督)との名コンビで数多くの名勝負の実況に立ち会う。

沢村栄治の登板の実況も行った。

1959年、日本初の天覧試合となった読売ジャイアンツvs大阪タイガースの試合における、長嶋茂雄の劇的なサヨナラホームランを実況。

スポーツ以外では1943年、学徒出陣式の実況放送や、1953年2月1日のNHK総合テレビ開局のアナウンスも担当した。



2005年、野球殿堂入り。

新着ブログ: 志村正順