応永の乱

(社会)
おうえいのらん

応永の乱(おうえいのらん)

1399年、守護大名の大内義弘が将軍足利義満に対して起こした反乱。義弘は、6カ国の守護を兼ね対朝貿易で巨富を得、義満に対立。鎌倉公方足利満兼らと結び、堺で挙兵・篭城したが、鎮定され敗死した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ