情報量

(サイエンス)
じょうほうりょう

起こりにくさ。情報理論で言う選択情報量。

ある事象が確率 P で起こるとしよう。
「この事象が実際に起こった」という知らせは、 - log P [ビット](または[シャノン]) だけの情報量を持つ。
従って、「どこにでもありそうな話」というのは P が 1 に近いため、持っている情報量は 0 に近づく。

参考→エントロピー
リスト::数学関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ