惣領制

惣領制

(社会)
そうりょうせい

鎌倉幕府の頃、一族の長である惣領がその一族を統括する制度。幕府は家臣からの納入も惣領に一括して治めることが多かった。
土地の相続については兄弟同士で分割相続した。だが、代を重ねるたびに際限なく土地が分割されていくこのシステムは結果的に武士の貧窮をまねくことになる。
鎌倉幕府末期から南北朝時代にかけて次第に単独相続制に移っていった。