愚者のエンドロール

(読書)
ぐしゃのえんどろーる

『愚者のエンドロール ―― Why didn't she ask EBA?』
米澤穂信の小説。古典部シリーズ第2作。
2002年8月,角川《スニーカー・ミステリ倶楽部》より刊行。後に角川文庫へ移動。

文化祭の準備に追われる古典部のメンバーが、先輩から見せられた自主映画。廃屋で起きたショッキングな殺人シーンで途切れたその映像に隠された真意とは!? ちょっぴりホロ苦系青春ミステリの傑作登場!

愚者のエンドロール (角川文庫)

愚者のエンドロール (角川文庫)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ