懐疑論

(一般)
かいぎろん

意味

疑いを懐きながら論じること。

【skepticism】

スケプティシズム」、「懐疑主義」のこと。
無論のこととして信じている根拠をあえて疑っていること。

  1. 哲学的懐疑 :「決定論」、「実在論」への懐疑が一般的。
  2. 非行動的懐疑 :結論を出すことよりも懐疑し続けることを信条とすること。

【Skeptic's opinion】

懐疑派の意見のこと。
肯定も否定もできずに、疑い続けていること。

  1. 中立的に疑問を呈していること。
  2. 実質的に否定論になっていること。

「実在論」への懐疑

世界というのは本当は私たちが経験しているのは全く違ったものなんじゃないか、つまり、私たちが経験しているのは実は世界についての完全なる幻覚なんじゃないか、と疑うこと。あるいはその姿勢。また、他人には実は心なんてなくて、実はゾンビようなものなのかもしれない、つまり心はこの自分にか存在しないんじゃないか、と疑う姿勢に関しては、それ自体に「独我論」という名前が付いている。本気で疑っているわけではなく、我々が日常的に信じている前提を正当化するのに使っている理屈や概念のほうを問い直すことが目的。
<参考>
 →「他我問題
 →「逆転スペクトル

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ