戸田山雅司

(一般)
とだやままさし

脚本家
1962年4月29日東京都生まれ。早稲田大学入学と同時に劇団「第三舞台」に参加、「モダン・ホラー」に俳優として出演した後、スタッフに転身。以降、鴻上尚史の演出助手として数多くの公演に携わる。1989年深夜番組「奇妙な出来事」(CX)で脚本家デビュー。以降、次々とヒットドラマを量産。主なテレビドラマとして「世にも奇妙な物語」「放課後」「正義は勝つ」「それが答えだ!」(CX)など。

作品

  • 「7月7日、晴れ」(1996年)
  • 「シャ乱Qの演歌の花道」(1997年)
  • 「メッセンジャー」(1999年)
  • 「サトラレ」(2001年)
  • ドラマ愛の詩「ズッコケ三人組シリーズ」
  • ミステリー民俗学者 八雲樹
  • 相棒
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ