手作り石鹸

(一般)
てづくりせっけん

手作り石鹸とは、自分自身で油の量を配合し、水酸化ナトリウムと精製水を混ぜて、一ヶ月熟成させて出来上がる。天然素材を使用したオーガニックな石けんはナチュラル志向の人に人気。

石鹸の作り方は、基本的にはまったく複雑なものではない。いつもの台所で、普通の料理道具を使って、仕事や家事の合間に、自分や家族が使う普段の石鹸を仕込むことができる。

しかし、製造過程で劇物の水酸化ナトリウムを使用するため危険である、未反応の水酸化ナトリウムが残り肌荒れなどの原因となる、などの問題が指摘されている。また、浴用や洗顔用に使う場合は「化粧石けん」になるが、業として製造・販売を行うには厚生労働大臣の許可が必要なことから、場合によっては薬事法に抵触するおそれがある。

オリーブ石鹸

原料の油は保湿成分たっぷりの良質のオリーブオイルだけ。 世界中で古くから愛されてきた肌に優しい石けんです。

特製マルセイユ石けん

保湿のオリーブオイル72%に泡立ちのココナッツ油、硬さのパーム油を配合した上質の手作り石けんの定番品。

最高に贅沢な石けん

基本の3つのオイルにスイートアーモンド油、ホホバオイルを加えた夢の使い心地のプレミアム・バー。

自分で作れば果てしなく様々なタイプの石鹸が作ることが出来ます。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ