揺さぶられっ子症候群

揺さぶられっ子症候群

(サイエンス)
ゆさぶられっこしょうこうぐん

生後6か月以内の新生児や乳児の身体を大きく揺することにより網膜出血、硬膜下血腫またはクモ膜下血腫が引き起こされること。
日本でも2002年より母子健康手帳に掲載され、注意が呼びかけられている。

新着ブログ: 揺さぶられっ子症候群