携帯電話キャリア

携帯電話キャリア

(コンピュータ)
けいたいでんわきゃりあ

携帯電話の通信サービスを提供している会社のこと。
電話機そのものを作っているのはメーカー。

キャリア各社

NTT DoCoMo(NTTドコモ・DoCoMo・ドコモ)
説明不要のキャリア。ブランド志向な人等名前だけで買う人も多く、不動の業界No.1。movaシリーズのPDC形式と、FOMAのW-CDMA形式の両方を採用している。
au
KDDIグループ。NTT DoCoMoと同じ方式である800MHzを採用しているが、cdmaOne、CDMA2000 1xと別の方式を利用。顧客満足度No.1を誇る。電波には定評有り。
SoftBank(ソフトバンクモバイル)
デジタルホン→J-フォンと代わりvodafoneが吸収合併、外資系となったが、2006年にはソフトバンクにより買収された。PDCの1.5GHz方式を採用。800MHz方式と比べると電波はやや不安定だが音質は良い。なおSoftBank 3GはW-CDMA/GSM方式を採用。
TU-KA(ツーカー)
母体はauと同じくKDDIグループ。SoftBankと同じくPDCの1.5GHz方式を採用。他のキャリアと比べて出遅れているように見えるが、funstyleやツーカーS等の独自路線で奮闘中。2005年10月合併。2008年3月31日サービス終了。
e mobile(イー・モバイル)
イー・アクセスグループ。2007年3月31日データ通信よりサービス開始。W-CDMAを採用。2015年にソフトバンクに吸収される形で合併。

参入中止

ip mobile(アイピーモバイル)
マルチメディア総合研究所が設立し、後に森トラストグループとなった。他社とは別方式のTD-CDMAの採用を予定していた。→2007年10月30日に破産、免許を返納した。

ネットの話題: 携帯電話キャリア

人気

新着

新着ブログ: 携帯電話キャリア