摂関家

(一般)
せっかんけ

単に摂家とも。
「清華家」の上の家格。数多くある藤原氏の流れのうち、摂政、関白に就く資格を持つ家系。
成立は藤原道長とその子・頼通のラインと考えられているが、それ以前の事についても藤原氏北家・冬嗣流の意として使われることがある。
後三条天皇の代に摂関政治が事実上の終焉を迎え摂政、関白が名ばかりの役職となった後も、明治維新まで公家の最上位であった。平安時代末期から分裂を始め、後、朝廷権の衰退を狙う鎌倉幕府の介入により五摂家に分かれ以降は交代で摂政、関白に就く。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ