日本キリスト教婦人矯風会

(一般)
にほんきりすときょうふじんきょう

1886年(明治19年)に創設され、現在も活動を続けている日本初の婦人団体(本部:東京都新宿区)。
キリスト教信仰をベースにした社会運動を行っており、主な活動分野は反売春運動(1890年代における廃娼運動が有名)、禁酒・禁煙運動、反戦運動、従軍慰安婦問題、DV問題である。
下部組織として、ECPAT/ストップ子ども買春の会VAWW-NETジャパン「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク)、女性の家HELPなどがある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ