日本トランスオーシャン航空

日本トランスオーシャン航空

(一般)
にほんとらんすおーしゃんこうくう

[英]Japan Transocean Air Co.,Ltd.
日本トランスオーシャン航空株式会社は、沖縄県那覇市山下町に本社を置き、那覇空港を拠点空港とする航空会社である。略称は「JTA」
日本航空(JAL)グループの一企業であるが、日本航空株式会社のほか沖縄県も出資する第三セクター企業である。
1967年6月20日、日本航空と琉球政府(当時の沖縄県は米軍施政権下)との合弁という形で南西航空株式会社(略称SWAL)が発足、沖縄本島の那覇空港から離島を結ぶ路線を中心に運航された。
1993年7月1日に現社名の日本トランスオーシャン航空株式会社に社名変更して現在に至る。

識別コード

IATAコード NU
ICAOコード JTA
コールサイン JAY-OCEAN

保有機数*1

  • ボーイング 737-400型機 11機(うちリース4機)

就航路線*2

  • 那覇 - 東京国際(那覇発のみ)、中部国際、小松、関西国際(石垣発の経由便として那覇発のみ)、岡山、福岡、久米島、宮古、石垣
  • 宮古 - 東京国際、石垣
  • 石垣 - 東京国際、中部国際、関西国際(以上の路線は石垣発はいずれも那覇経由)、与那国
  • 久米島 - 東京国際(夏期季節運航、久米島発は那覇経由)

主要株主

  • 日本航空(株) 70.1%
  • 沖縄県 12.9%

リスト::航空
リスト::航空会社

*1:2010年3月31日現在

*2:2012年3月21日現在

ネットの話題: 日本トランスオーシャン航空

人気

新着

新着ブログ: 日本トランスオーシャン航空