日本二十六聖人

(一般)
にほんにじゅうろくせいじん

日本の安土桃山時代に豊臣秀吉の命令によって長崎で処刑された26人のカトリック信徒。1597年2月5日に殉教。1627年9月14日に列福された後に1862年6月8日にローマ教皇のピウス9世によって列聖され聖人になった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ