日本労働総同盟

(社会)
にほんろうどうそうどうめい

第二次世界大戦前の日本に存在した労働組合の全国組織。略称は総同盟。現実主義、反共主義、労使協調主義を掲げる社会民主主義系の団体だった。
1912年に結成された友愛会を源流とする組織で1921年に改称して設立された。1940年7月に自主解散し、産業報国会に組み入れられた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ