Hatena Blog Tags

日本大百科全書

(読書)
にほんだいひゃっかぜんしょ

小学館から1984年に初版が出版された百科事典
2014年11月6日から「コトバンク」に追加された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

その言葉を申し終えたかとみるとすぐ,ヲウス(ヤマトタケル)は,まるで良く熟れたウリを切り刻むがごとく,クマソタケルの体をずたずたに切り刻んで殺してしもうたのじゃった.(古事記) ウリは,古くは特にマクワウリのことで,日本には紀元前に渡来し,弥生時代前期の遺跡から種子が出土.青果売り場でマクワウリに取って代わって現在並んでいるのがメロンですが---- マクワウリもメロンの一変種です. 「うり」(瓜)1

「植物をたどって古事記を読む」シリーズ 「うり」(瓜)1 “三浦祐介訳・注釈 口語訳古事記” 其の三 ヤマトタケルの戦いと—天翔ける英雄 その言葉を申し終えたかとみるとすぐ,ヲウス(ヤマトタケル)は,まるで良く熟れたウリを切り刻むがごとく,クマソタケルの体をずたずたに切り刻んで殺してしもうたのじゃった. 大君オホタラシヒコ(第12代景行天皇)のクマソタケル追討の命を受けたヲウス(ヤマトタケル)は,クマソタケル兄弟の催す宴に女装して紛れ込みます. 兄を殺した後,逃げ出した弟は,尻から剣を刺し通されながら「われらに代わりて,ヤマトタケルの御子と名乗られよ」と伝えます. 上記の引用文は,その後のヲウ…