日本軽種馬協会

(スポーツ)
にほんけいしゅばきょうかい

社団法人日本軽種馬協会(The Japan Bloodhorse Breeders' Association )。


前身として社団法人サラブレッド協会(1946年〜1948年) 軽種馬生産農業協同組合(1948年〜1975年) 日本全国の軽種馬生産者が相互扶助のもと、共通の利益を追求する組織として発足した社団法人。活動内容は種牡馬繋養及び種付け、軽種馬生産・育成・改良、防疫衛生事業、せり市場の支援、育成技術者の養成、競走馬に関する情報の整備提供など。競走馬のふるさと案内所も運営している。

2008年度繋養馬

静内種馬場繋養馬 Fee
ストラヴィンスキー 250万円
バゴ 180万円
デビッドジュニア 180万円
オペラハウス 150万円
ボストンハーバー 150万円
チーフベアハート 130万円
ケイムホーム 120万円
アラムシャー 70万円
キンググローリアス 30万円
サイレントハンター 10万円
胆振種馬場繋養馬 Fee
カリズマティック 70万円
スクワートルスクワート 50万円
キャプテンスティーヴ 50万円
七戸種馬場繋養馬 Fee
シルバーチャーム 70万円
サニングデール 20万円
シャーディー 10万円
那須種馬場繋養馬 Fee
ダンツシアトル 10万円
ヒシアケボノ 10万円
九州種馬場繋養馬 Fee
ロドリゴデトリアーノ 10万円
イシノサンデー 10万円
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ