日本SF大賞

日本SF大賞

(読書)
にほんえすえふたいしょう

主催:日本SF作家クラブ 後援:徳間書店


小説、評論、漫画、イラスト、映像、音楽など、ジャンルやメディアにとらわれず、対象年度内に発表されたSF作品の中からもっともすぐれた業績を選んで顕彰し、SF界の発展に寄与することを目的として、1980年、日本SF作家クラブにより創設された。

部門賞はなく、選ばれるのは大賞1点(もしくは2点)のみ。功労賞的意味合いで特別賞が選ばれることがある。
ファンが投票で選ぶ星雲賞に対し、SFのプロが選定することから、日本のネビュラ賞といわれることもある。

受賞作

  • 第1回(1980年):「太陽風交点」堀晃
  • 第2回(1981年):「吉里吉里人」井上ひさし
  • 第3回(1982年):「最後の敵」山田正紀
  • 第4回(1983年):「童夢」大友克洋
  • 第5回(1984年):「幻詩狩り」川又千秋
  • 第6回(1985年):「首都消失」小松左京
  • 第7回(1986年):「笑い宇宙の旅芸人」かんべむさし
  • 第8回(1987年):「帝都物語」荒俣宏
  • 第9回(1988年):「岬一郎の抵抗」半村良/「快男児・押川春浪」横田順彌・會津信吾
  • 第10回(1989年):「上弦の月を喰べる獅子」夢枕獏
    • 特別賞:手塚治虫
  • 第11回(1990年):「アド・バード」椎名誠
  • 第12回(1991年):「サラマンダー殲滅」梶尾真治
    • 特別賞:石原藤夫
  • 第13回(1992年):「朝のガスパール」筒井康隆
  • 第14回(1993年):「ヴィーナス・シティ」柾悟郎
    • 特別賞:黒丸尚
  • 第15回(1994年):「戦争を演じた神々たち」大原まり子/「女性状無意識」小谷真理
  • 第16回(1995年):「言壷」神林長平
    • 特別賞:野田昌宏
  • 第17回(1996年):「ガメラ2」金子修介
  • 第18回(1997年):「蒲生邸事件」宮部みゆき/「新世紀エヴァンゲリオン」庵野秀明
  • 第19回(1998年):「BRAIN VALLEY」瀬名秀明
    • 特別賞:星新一/NHK人間大学『宇宙を空想してきた人々』/井上雅彦監修『異形コレクション1〜6』
  • 第20回(1999年):「チグリスとユーフラテス」新井素子
    • 特別賞:光瀬龍
  • 第21回(2000年):「日本SF論争史」巽孝之
  • 第22回(2001年):「かめくん」北野勇作
  • 第23回(2002年):「アラビアの夜の種族」古川日出男/「傀儡后」牧野修
  • 第24回(2003年):「マルドゥック・スクランブル」冲方丁
  • 第25回(2004年):「イノセンス」押井守
    • 特別賞:矢野徹
  • 第26回(2005年):「象られた力」飛浩隆
  • 第27回(2006年):「バルバラ異界」萩尾望都
  • 第28回(2007年):「星新一 一〇〇一話をつくった人」最相葉月
  • 第29回(2008年):「新世界より」貴志祐介/「電脳コイル」磯光雄
    • 特別賞:野田昌宏
  • 第30回(2009年):「ハーモニー」伊藤計劃
    • 特別賞:「グイン・サーガ」栗本薫
  • 第31回(2010年):「日本SF精神史」長山靖生/「ペンギン・ハイウェイ」森見登美彦
    • 特別賞:柴野拓美/浅倉久志

ネットの話題: 日本SF大賞

人気

新着

新着ブログ: 日本SF大賞