日比嘉高

日比嘉高

(読書)
ひびよしたか

日本近代文学研究者、名古屋大学准教授。1972年名古屋市生まれ。2001年筑波大学大学院博士課程文芸・言語研究科修了、「<自己表象>誕生の文化史的研究」で文学博士。2001- 04年筑波大学助手。2002−03年カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員研究員。2009年ワシントン大学客員研究員。2009年名古屋大学文学研究科准教授。

著書

  • 『<自己表象>の文学史 自分を書く小説の登場』翰林書房 2002
  • 『ジャパニーズ・アメリカ 移民文学・出版文化・収容所』新曜社 2014

‐『文学の歴史をどう書き直すのか: 二〇世紀日本の小説・空間・メディア』笠間書院、2016

共編

  • 『文学で考える〈日本〉とは何か』飯田祐子, 日高佳紀共編 双文社出版 2007
  • 『スポーツする文学 1920-30年代の文化詩学』疋田雅昭, 日高佳紀共編著 青弓社 2009
  • 『文学で考える〈仕事〉の百年』飯田祐子, 日高佳紀共編 双文社出版 2010
  • 『コレクション・モダン都市文化 92 北米への移民』編 ゆまに書房 2013.12.

ネットの話題: 日比嘉高

人気

新着

新着ブログ: 日比嘉高