日高理恵子

日高理恵子

(アート)
ひだかりえこ

ひだか・りえこ(1958)。画家。
日高理恵子は、日本画の素材を用い、ある一所にある数本の樹を見上げた空間をモノクロームの大画面に描く絵画で知られる。版画作品は、2001年に初めて当工房でドライポイントを中心とした大サイズの銅版画8作品「樹の空間から」を制作。

  • 略歴
    • 1958年 東京に生まれる
    • 1983年 武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業
    • 1985年 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻修了

作品

  • 「空との距離 I II」
  • 「樹の空間から」

主な著作

リスト:リスト::芸術家

新着ブログ: 日高理恵子