春琴抄

春琴抄

(映画)
しゅんきんしょう

原作: 谷崎潤一郎

春琴抄 (2008年)

監督:金田敬
出演:斎藤工、長澤奈央、松田悟志、沢木ルカ、
   川島朋子、真日龍子、嶋尾康史

脚本: 小林弘利
音楽: 遠藤浩二
撮影: 今井裕二
録音: 土屋和之 
美術: 嵩村裕司
衣装: 村島恵子
ヘアメイク:新井みどり
助監督:小野寺昭洋
編集: 小林由加子
制作プロダクション:ビデオプランニング
プロデューサー:三木和史/小林洋一/片山武志/村田亮
製作:エースデュースエンタテインメント/日本出版販売
   ワコー/ビデオプランニング/アールグレイフィルム
公開年:2008年9月27日

明治初期。奉公人の佐助(斎藤工)は、幼い頃に見た春琴(長澤奈央)を観音様と崇め、彼女の衣食住の世話をしていた。大阪道修町の薬種商鵙屋の次女として生まれた春琴は、9才のときに眼病を患い失明してしまった。その後は、音曲を学び、いまでは一流の腕前を持っている。しかし、わがまま放題の彼女には弟子が居つかず、贅沢をし過ぎ、家の財政は苦しい状態…。そんな中、佐助だけは春琴に献身的に尽くしていた。ある日、春琴の美貌を目当てに弟子入りした名家の息子・利太郎(松田悟志)が、彼女を口説こうとするが、冷たくあしらわれた上、稽古の仕置きで額に怪我を負ってしまう。数日後、春琴の屋敷に侵入した何者かによって、彼女は顔に熱湯を浴びせられ、大きな火傷を負ってしまう。春琴は深く悲しみ、ただれた自分の顔を佐助に見せようとしない。そんな春琴の姿を見て、佐助がとった行動とは――? 1976年に公開された、山口百恵&三浦友和の共演作『春琴抄』のリメイク版。

2008年9月27日よりシアターイメージフォーラムにてモーニング&レイトショー公開

2008,日本,ビデオプランニング

© 2008春琴抄Partners


春琴抄 (1976年)

監督:西河克己
出演者:山口百恵/三浦友和/中村竹弥/津川雅彦
    中村伸郎/風見章子/井原千鶴子/桑山正一
    品川隆二/小松方正/名古屋章/北川たか子
    榊原郁恵(新人)/絵沢萌子

脚本: 衣笠貞之助、西河克己
音楽: 佐藤勝
撮影: 萩原憲司
美術: 佐谷晃能
照明: 川島晴雄
録音: 福島信雅
助監督: 村井良雄
編集: 鈴木晄
製作プロダクション:ホリ企画
製作:堀威夫、笹井英男
公開年:1976年12月

春琴抄

(読書)
しゅんきんしょう

谷崎潤一郎の作。初出:昭和8年6月「中央公論」
作者数え年48歳。根津松子との恋愛が進行中であり、京都にある地蔵院という尼寺に二人で十日ほど立てこもって、この作品の大部分を脱稿したという。理想の女性を得て、創作欲が盛り上っているときであった。
唯美主義を最高に生かす条件の設定、人物の配置、完成された物語体、すきのない文章など、谷崎文学の絶品である。
参照「読書への招待」旺文社

ネットの話題: 春琴抄

人気

新着

新着ブログ: 春琴抄