時津風部屋

(スポーツ)
ときつかぜべや

相撲部屋の一つ。時津風一門に属する。

昭和16年に横綱・双葉山が興した双葉山道場が前身。

双葉山引退後に現名称となる。

この間12代目(元横綱・双葉山)と14代目(元大関・豊山)が日本相撲協会理事長に就任した。

現在の師匠は16代目。

年寄

時津風 元幕内時津海
枝川 元幕内蒼樹山
錦島 元幕内蔵玉錦
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ