曲垣平九郎

(社会)
まがきへいくろう

日本の江戸時代初期の丸亀藩士。馬術家。諱は盛澄。
三代将軍の徳川家光の命で江戸の愛宕山上の梅花を折りに乗馬して石段を駆け上がって枝を折ったことで知られる人物である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ