朝倉孝景

(社会)
あさくらたかかげ

応永35年4月19日(1428年6月2日)〜 文明13年7月26日(1481年8月21日)
日本の室町時代中期の武将。朝倉氏7代目当主。当初は教景と名乗り、次いで敏景、教景、孝景の順で改名している。
越前の守護大名の斯波氏の家臣だったが、裏切り、一乗谷を本拠地して越前を支配した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ