木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか

(スポーツ)
きむらまさひこはなぜりきどうざんをころさなかったのか

ミステリー作家で、自身も北大で七帝柔道の選手だった増田俊也が、「ゴング格闘技」に連載するスポーツノンフィクション。

不世出の柔道家で、後に外国での異種格闘技やプロレスも体験した木村政彦の事跡を描く。

2011年、連載終了。同年秋に、新潮社から単行本化され、大きな反響を呼んだベストセラーとなった。
2012年、大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
2013年4月、プロレススーパースター列伝などで知られる原田久仁信が漫画化。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ