末法思想

末法思想

(一般)
まっぽうしそう

仏教の予言思想で、釈迦の立教以来1000年(500年とする説もある)の時代を正法、次の1000年を像法、その後10000年を末法の3つに分けて考え、釈迦の教えが及ばなくなった末法においては、仏法が衰退して正しく行われなくなるという考えである。特に大乗仏教で数多く主張される考えである。中世以降の日本では末法思想をこの世の終わりと考える終末論と同じように考える人が多いが事実誤認である。

新着ブログ: 末法思想