本格ミステリ大賞

本格ミステリ大賞

(読書)
ほんかくみすてりたいしょう

本格ミステリ作家クラブが主催している文学賞。
小説部門と評論・研究部門に加え、本格ミステリの発展に貢献した人物に贈られる特別賞の三部門があり、本格ミステリ作家クラブ会員の投票によって受賞作が決まる。

歴代受賞者

第1回(2001年) 小説部門 倉知淳「壷中の天国」
評論・研究部門 権田萬治・新保博久監修「日本ミステリー事典」
特別賞 鮎川哲也
第2回(2002年) 小説部門 山田正紀「ミステリ・オペラ」
評論・研究部門 若島正「乱視読者の帰還」
第3回(2003年) 小説部門 乙一「GOTH リストカット事件」
笠井潔「オイディプス症候群」
評論・研究部門 笠井潔「探偵小説序説」
第4回(2004年) 小説部門 歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」
評論・研究部門 千街晶之「水面の星座 水底の宝石」
特別賞 宇山日出臣・戸川安宣
第5回(2005年) 小説部門 法月綸太郎「生首に聞いてみろ」
評論・研究部門 天城一著 日下三蔵編「天城一の密室犯罪学教程」
第6回(2006年) 小説部門 東野圭吾「容疑者Xの献身」
評論・研究部門 北村薫「ニッポン硬貨の謎」
第7回(2007年) 小説部門    道尾秀介「シャドウ」
        評論・研究部門 巽昌章「論理の蜘蛛の巣の中で」

新着ブログ: 本格ミステリ大賞