杉下茂

杉下茂

(スポーツ)
すぎしたしげる

プロ野球選手・監督。 通称「フォークボールの元祖」。
右投右打、ポジションは投手。背番号は20番*1


1925年9月17日生まれ。東京都出身。
現在はTBS野球解説者を務める。
また、マスターズリーグ・名古屋エイティディザーズのコーチとしても活躍。

2006年、名古屋エイティディザーズの監督に就任。

孫は女優の杉下せり

主な経歴

  • 1949年
    • 明治大学から中日ドラゴンズに入団。1年目は9勝だったが、2年目の1950年より活躍。大学時代は封印していたフォークボールを駆使し、6年連続20勝を含めて9年連続2桁勝利を記録。
  • 1954年
    • 32勝を挙げチームを初のセ・リーグ優勝へと導く。日本シリーズの対西鉄戦でも1人で3勝をあげ、球団史上初の日本一に貢献した。
  • 1955年
    • 5月10日の対国鉄スワローズ戦(川崎球場)でノーヒットノーラン達成。
  • 1957年
    • 球団初・唯一の200勝投手に輝く。
  • 1958年
    • 一度現役引退。
  • 1959年〜1960年
    • 監督に就任。*2
  • 1961年
  • 1964年〜1965年
    • 阪神タイガース投手コーチ兼ヘッドコーチを務める。
  • 1966年
    • 阪神タイガースの監督に就任。
  • 1968年
    • 西沢道夫の退団に伴い、2度目の中日ドラゴンズ監督を務めた。
  • 1969年
    • 1975年までTBS・CBCの野球解説者。
  • 1976年〜1980年
    • 読売ジャイアンツの投手コーチを務める。
  • 1981年〜1992年
    • TBSの野球解説者。
  • 1985年
  • 1993年〜1994年
    • 西武ライオンズ投手コーチを務めフォークボールの指導にあたった。

リスト::野球選手

*1:入団の際に、18、19、20と3つの番号が提示されたが、迷うことなく20番を選択した。自身の代名詞とも言える背番号20は、移籍しなければ、永久欠番となっていた。その後は、権藤博に受け継がれ、以後ドラゴンズのエースナンバーとして確立される。

*2:名目上は選手兼任監督であるが、1試合も出場していない。

ネットの話題: 杉下茂

人気

新着

新着ブログ: 杉下茂