村上泰亮

(一般)
むらかみやすすけ

1931~1993。
 
経済学者。社会学者。
社会の数理的分析(社会選択論)や経済成長論から出発し、
日本の政治経済から文明論まで幅広く論じた。
 
代表作に
新中間大衆の時代―戦後日本の解剖学 (中公文庫)』(中公文庫)
産業社会の病理 (中公叢書)』(中公叢書)
文明としてのイエ社会』(佐藤誠三郎公文俊平と共著)
『反古典の政治経済学』(上巻「反古典の政治経済学 上 進歩史観の黄昏」、下巻「反古典の政治経済学 下 二十一世紀への序説」)
などがある。
 
中央公論社から『村上泰亮著作集』全8巻が刊行されている。
 

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ