村田兆治

村田兆治

(スポーツ)
むらたちょうじ

プロ野球選手・指導者・解説者。通称「サンデー兆治」。
右投右打、ポジションは投手、背番号は29番。

1949年11月27日生まれ。広島県出身。
福山電波工業高校から1968年、ドラフト1位で東京オリオンズ(1969年よりロッテオリオンズ)に入団。
マサカリ投法で、剛速球とフォークボールを武器に生涯速球派を貫いた。

1970年、1974年にはオリオンズのパリーグ優勝、1974年には日本一に貢献。

有藤道世、山崎裕之らと共にチームを支えた。


1982年、右肘を故障し、アメリカスポーツ医学の権威フランク・ジョーブ博士の執刀により左手首の腱を右肘に移植する手術を受ける。
約2年のブランクを経て1985年4月14日1073日ぶりの勝利を上げ、この年17勝でカムバック賞獲得。

中6日のローテーションを開け日曜日に登板する「サンデー兆治」の愛称もこの故障がきっかけである。

1990年、史上二人目となる40代投手の二桁勝利を達成し、現役引退。通算成績215勝177敗33セーブ。


1995年、福岡ダイエーホークスの投手コーチに就任。

2005年、野球殿堂入り。

現在はプロ野球解説者のかたわら、50代のアスリートとしてトレーニングを怠らず、CMにも出演。

マスターズリーグ・東京ドリームスや、モルツ球団で140キロの直球を見せる。


2005年より、長崎県対馬市にある対馬まさかりドリームスの監督を務める。


年度別成績


年度 所属 試合 完封 S 勝率 投球回数 四球 三振 防御率 タイトル・備考
1968年 東京 3 0 0 1 0 .000 7回 1 5 3.86  
1969年 ロッテ 37 5 6 8 0 .429 146回1/3 80 90 3.58  
1970年 ロッテ 21 0 5 6 0 .455 79回 43 48 4.78  
1971年 ロッテ 43 1 12 8 0 .600 194回2/3 61 122 3.34  
1972年 ロッテ 16 0 3 3 0 500 46回 22 30 6.46  
1973年 ロッテ 40 1 8 11 0 .421 157回 79 104 3.21  
1974年 ロッテ 32 1 12 10 1 .545 180回2/3 87 108 2.69 最優秀防御率
1975年 ロッテ 39 2 9 12 13 .429 191回2/3 65 120 2.20 防御率・セーブ
1976年 ロッテ 46 5 21 11 4 .656 257回1/3 73 202 1.82 最多奪三振
1977年 ロッテ 47 2 17 14 6 .548 235回 62 180 2.68 奪三振
1978年 ロッテ 37 3 14 13 3 .519 223回1/3 58 174 2.91 最多奪三振
1979年 ロッテ 37 3 17 12 2 .586 255回 55 230 2.96  
1980年 ロッテ 27 1 9 9 2 .500 178回 83 135 3.89  
1981年 ロッテ 32 2 19 8 0 .704 230回2/3 55 154 2.96 最多勝・奪三振
1982年 ロッテ 6 2 4 1 0 .800 40回1/3 11 27 2.93 右肘を故障
1983年 ロッテ 0                    
1984年 ロッテ 5 0 0 1 0 .000 9回 0 3 6.00  
1985年 ロッテ 24 0 17 5 0 .773 173回2/3 65 93 4.30 カムバック賞
1986年 ロッテ 23 0 8 11 0 .421 155回1/3 32 106 3.94  
1987年 ロッテ 21 2 7 9 0 .438 130回2/3 42 74 4.34  
1988年 ロッテ 20 1 10 7 0 .588 145回2/3 45 120 3.89  
1989年 ロッテ 22 3 7 9 0 .438 179回2/3 69 135 2.50 最優秀防御率
1990年 ロッテ 26 2 10 8 2 .556 115回2/3 56 103 4.51  
通算成績   604 36 215 177 33 .548 3331回1/3 1144 2363 3.24  



リスト::野球選手

ネットの話題: 村田兆治

人気

新着

新着ブログ: 村田兆治