東久世通禧

(社会)
ひがしくぜみちとみ

日本の江戸時代末期から明治時代にかけての公家。政治家。
七卿落ちで長州に逃れた尊王攘夷派公卿の1人。明治維新後は外国事務総督、神奈川府知事、開拓長官、侍従長、貴族院副議長、枢密院副議長などを歴任した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ